insuuuu Inc.

ぷろぐらみんぐできません🤔

【感想】名探偵コナン ゼロの執行人…アンタかっこよすぎるわな

安室透

どうもinsuuです.
名探偵コナン ゼロの執行人を観てきたのでつらつらと感想を書いていきます.

 

 

いつから少女漫画になってたのかな? 

映画館内でまず最初に思ったことがコレでしたね.


比較的空いてそうな平日の夜に観に行ったのですが,館内の大半を占めていたのは女子でした.女子高生,女子大生らしき人たちで7割くらいいましたね.

ちなみに男性客は全体の2,3割程度で,男性一人客はぼく一人でした.


まぁそんなことはおいておいて内容について述べますか

初っ端から爆弾

ハイ〜〜〜〜ということでね,

今年もキッチリ出てきました.もはや爆弾による死人騒ぎは劇場版恒例ですね.今回冒頭で残念ながら死んでしまった人は公安のメンバということでしたが,名前などは特にない,いわば噛ませ役のよう.

しかしこれがないと話が進まないので冒頭の爆破による死者には意味があります.

というかコナン映画において意味のないシーンは無いですね.全て伏線等,意味があるシーンの連続だと思っています.


博士のクイズ

博士のダジャレクイズも毎年キッチリ差し込まれていますね.今回はあの方疑惑がかけられていた光彦が見事クイズに正解していましたね.哀ちゃんに感謝してください.


ちなみに僕は毎年映画館で観ていて博士のクイズにリアルタイムでわかった試しがありません.推理力が不足している模様.

それにしても博士の技術力はマジでチート.今作も博士がいなかったら成立していませんでした.

ところでですが年々,コナンの推理力より博士の技術力の方が物語の展開に大きく依存している気がしてならないんですが………こう思っているのは僕だけでしょうか…???

セキュリティについて考えさせられる内容

今回の事件はズバリ言うとIoTテロ.友人と映画について話していたら,IoTってなんなのか知らない人は結構いることを知りました.僕は大学で理工学部に所属しているので常識的な範囲では知っているつもりでした.

なので,知らない人のためにIoTについてもう少し解説があってもよかったのかなぁ〜とは思いましたね.

ちなみに現代のIoT普及感ではアレ程のテロは起こせないんじゃないかな…と思っています.もはやコナンの世界は我々の住んでいる世界よりやや未来なのかな…いや,そんなこと言ったら身体が縮むとかファンタジー過ぎるし…しかし科学的要素は重視している風な作品でもあるし…

コナンは細かい物理的矛盾は無視して脳死で観るのが一番ですね!キック力増強シューズとかキック力増強シューズとかキック力増強シューズとか……

セキュリティ屋さんもまた違った視点で楽しめる映画だと思いますねぇ.知ってる人にしかわからない元ネタとかありましたし.

アムロ…かっこよすぎないか?その全て

今作,タイトルにもなっていますが安室…まさにゼロが主役の映画だったと言っても過言ではなかったですね.前半だけ観た時点では「アレ…?安室くん何…?今回ストーカー役でもやってるの…?」といった印象でしたが,後半ではガッツリ活躍していましたね.

作画サイドの人の「安室をコナン以上にかっこよく魅せよう」という意図が明らかに視えるほどの演出が後半,節々に現れていました.正直,「ここまでやるか〜〜〜」とも思いました.結果的に今作において安室はコナンと同等かそれ以上の主役級だったと思います.

安室ファン層は執行人観に行って損はしないでしょうね.


安室は前の純黒にも出ていましたが,アレよりかなり全面に押し出されていました.赤井という邪魔者がいないせいでしょうか.

執行人は安室の100%本気が観られる映画でしたね.

安室透発狂


アレ…コレ…死ぬヤツじゃね?怖い怖い怖い……

劇場版初bgm出たよまた

毎年緊迫感あるシーンでは劇場版オリジナルのBGMが流れますよね.今回も流れてきました.いい感じだったと思いましたがスッカリ曲調を忘れてしまいました.また映画館に足を運びたいところです.

ちなみに僕の好きなコナンの劇場版オリジナルBGMはホワイトクライシスカウンターボードです.え?みんな好きに決まってるって?

最後の展開は良くも悪くもいつも通り

まぁ…これは仕方ないとも言えるんですが…最後の蘭たちの行動からはその後の展開がわかりやす過ぎましたね…

蘭たちが安全なところに逃げる→コナンが犯人止める→やったぜ→しかし本当は蘭たちに最大級の脅威がまだ残っていましたコナン「ラァァァァーーーーン!!!」パターン.

これもう何度観たことか………


今回もコナンが命をかけて蘭を守ったわけですが,観ていて「やっぱりなぁ」感がやや漂ってました.ここに突っ込んでしまうのは野暮って言えば野暮ですが.

想像していた以上に花火ボールが流用されまくってる件

今回も花火ボールが使用されていました.劇場版限定のアイテムって一度使用したら劇場版内で流用してオッケーということでよろしいんですね?

これはいいとして.

花火ボール,かなり汎用性がありますね.威力も申し分ない上,巨大な明かりを照らすという効果も持ち合わせています.

f:id:insuu:20180429024459j:plain



さらにコナンのキック力増強シューズと合わせれば小型の大砲を持っているに等しいかと.


ところでイヤホン型携帯電話と弁当型携帯FAXの再登場はまだですか?僕は待ってます.


コナンと安室,結局どっちが優秀なの?

もともと安室があまり好きではなかったので,僕の中ではコナン>=赤井>>>安室という図式があったのですが執行人ではあまりにも安室がキレてるなぁ〜〜というシーンがあったが故,赤井と同等か,もしくは推理力では劣るもののコナン(新一)を凌駕しうるキャラクターでもあるのかと思いました.


それほどまでに安室TUEEEEEEE!な作品でした.

安室のコナンリスペクトが感じられててそれはよきでした.安室は一生コナンの協力者やっていてくれ.

国家権力を美化しまくってるとも言える

これも突っ込んではいけない要素の一つかもしれませんが.公安のやり方は違法であり,人権を多々侵害した捜査だったりするわけです.

それゆえに今回の事件が起こってしまったので公安少しは反省しようねって感じがありましたが,結局公安の自己犠牲精神みたいなものが全面に押し出されて「公安はこれからもがんばるぞ!」って感じに締めくくられていました.

個人的に公安disが少なくもやもやポイントの一つとも言えます.


コナンともう一人だれかを主役級にするの,そろそろ辞めないか??

そう思うわけです.


今年は安室,去年は色黒男,一昨年は赤井かな?
そして来年はどうやらまたあの奇術師が出てくるらしいです.奇術師に関しては出るとなったらほぼほぼ全面に押し出してくると思います.というか奇術師がちょい役で収まるわけがないですよね.


個人的にはコナンが出せる能力ギリギリまで駆け巡るようなストーリーが観たいんだよなぁ……って感じがあります.

最近はコナンが誰かの協力を経て解決する,といった作品が連続しているのでそう感じてしまうのかもしれません.


にしてもキッドってなぁ…キッド…お前3年前もなかなか活躍してたよなァ…?アレだけでは活躍したりなかったのかな?

絶海の探偵にどことなく似た感あったなァ

さきほども言いましたが,今回はIoTテロが物語の中心でした.絶海の探偵の時と似たようなものを感じると思うんですよね…5,6年ごとくらいならアリなのかな?

事件のスケールをデカくすると必然的にそうなってくるんだと思います.犯人の手口に電子空間を利用したものが否応無しに加わってくるんですねぇ…大半の視聴者からすると,「よくわからないけどネットワーク空間ですごい!かっこいい!」みたいに演出できるのかもしれないですが,個人的にコナン映画をアクション映画と捉えている層からはもう少しコナンにあちこち走り回ってほしい感があります.


てきとうにゴチャゴチャと言ってしまったけど

まぁ何が言いたいかというと,コナンの映画は基本的に情報量が多過ぎるので最低でも二回は観に行って内容の記憶保管を徹底したほうがいいので一度も観に行ってない人,一度しか観に行っていない人,つまり僕もまた映画館に足を運ぼうなっていうお話です!!!!!!!


繰り返すようだけど今回の安室はヤッベえぞということもある.安室の狂気的な日本への愛情は一部のお姉さん方々には刺さると思いましたまる.日本の為に何度その身を死の淵へ投げ打った?安室くんさぁ………そういうところだぞ!!!キミ………


また,なんだかんだコナン映画は連続10年は観に行っているし,面白いことに間違いはないのでこれからも放映が続く限り観に行くよな.


ゴチャっとした文章ですまん.観てきてすぐ書いたらこうなりもうした.思考のアウトプットド下手マンかな?
読んでくれてありがとうございました.それではな