大学受験生がオープンキャンパスで確認しておくべきことまとめ7選!

オープンキャンパス

ども,学生(@insuuuu)です.

バリバリ夏ですね.殺されそうな暑さ.

 
夏といえばそう,オープンキャンパス…

弊学では既に実施済ではあるんですが…

入学してから感じた,チェックしておくべき地味な事項について書いていきたいと思います.

 

トイレ

トイレ

これは必須級ですね.大学生ともなると在学期間中,どれほどの時間お世話になることでしょうか…

汚いトイレ,ボロいトイレ,壊れているトイレなどなど……よろしくないトイレというものは大学によっては存在します.そしてそのようなトイレはキャンパスライフにとって地味に多大なストレスを与えるものです.

ぼくの公立小学校とかヤバかったですね.汚い,ボロいの二拍子でした.
トイレは確認しておいた方がいいです.

また,トイレの設置されている数も知っておいた方がいいです.

マンモス校とかだと学生の数に対してトイレがどう見ても足りない,なんてこともあったります.大学生にもなってトイレが満員で漏れる,みたいな残念すぎることにはなりたくないですよね.

基本的にトイレの設備がしょぼいのは国公立大が予想されますが,トイレの確認は外せませんね.

通学時間,方法

電車通学 学生

入学してから通学時間,方法を知るという人って割といるんですよね…そして通学時間が思ってた以上にあったり,通学方法が想像していた以上に面倒だったりしたら軽く絶望ですよね.

通学というものは大学生になる以上避けて通れないことです.

オープンキャンパスの時は通常時と異なる状況での通学になるので,できるだけ平日に大学へ行ってみるのがいいと思います.

遠方の大学の場合は…Googleマップでなんとか想像しましょう.

しかし,大学バスを利用する場合は注意です.大学バスというのは本格的に利用してみるまでわからないことが多いです.ちなみに僕は大学バスの環境の悪さを舐めていました.バスの本数がめちゃめちゃ少ないし,利用者が多いのでぎゅうぎゅうです.空調も微妙.劣悪でした.現在大学に改善してほしい箇所ナンバーワンです.

空調

エアコン

大学ではいろいろな講義を受講するので多くの種類の教室を利用します.教室によっては狭かったり,人が多かったりして,暑かったり寒かったりします.

空調は授業環境を左右する大きな要素の一つです.空調がきっちり完備されていない教室はよろしくないですよね.僕の大学も教室によって冷房が効きすぎていたり,効かなすぎたり,という教室があります.しかたなく授業を受けているわけですが,軽くストレスですね.

環境をよくしようとしているか,確認するべき重要なポイントの一つですね.

授業風景

授業風景

大学の授業というのは担当する教員によって様々です.

ただボードの前で延々と喋っているだけで学生は何も学んでいない…
副手が大勢いて学生をきっちりサポートしようとしている…などなど

可能でしたら,授業の様子を見てみるのはとてもいいです.受験生にとっては刺激にもなると思いますね.

また,オープンキャンパス外の時期に授業に潜入する,ということも可能だったりします.大学というのは基本的に外部の人も自由に入れる機関なので.

ちなみに僕は東大の授業に潜入したことがあります(←謎アピール)
ちなみに僕は東大生ではないです.

コンビニ,売店,自動販売機など

コンビニ

コンビニはあるとしたら,在学中はかなり使いますね.使用頻度高い場所は調べておきましょう.

コンビニや売店はお昼時など,当然混みます.レジが多くあるか,商品は充実しているか,など見ておきたい箇所は多く存在します.

例えばコンビニにハーゲンダッツが売ってなかったら嫌ですよね????

え?どうでもいい?
まぁ僕は嫌なんですけど…

とにかく,自分に最低限合っているなと思う売店であってほしいですよね.4年間も利用するコンビニですし.

図書館

図書館

暇な時は基本的に図書館にいます.究極の暇つぶしスペースです.また,テスト期間は勉強に集中するため,篭る人が多かったりします.

また,図書館に自分の興味分野の本が充実しているか,など調べておきたいことは他にもありますね.

個人的に図書館にもトイレがあるのは地味に大きいことなのでは…と思っています(図書館に篭る人並の感想)

自習スペース

自習

自習できる空間は大いに越したことはないです.何故なら大学というのは本当に多くの人が集まる場所です.学生の数が多い大学では自習スペースに図書館が埋まる,なんてことは多々あります.

そんな時,自習用の空間が他所でないと困りますよね.およそどれくらいの人数が同時に利用できるのか,考えてみるといいと思います.

さいごに

ぼくは現在在籍している大学は結局オープンキャンパスに一度も行ってないんですよね.滑り止めの大学だったからです.

滑り止めと言っても,通うことになる可能性がある大学なら,一度は見学しておくべきです.何故ならどのような場所か知らずに入学してしまうことは不幸を生む大きな要因になりうるからです.

オープンキャンパスは体裁を整えまくった歪な環境であったりもします.可能であれば通常時の様子を見ておくのはとてもいいと思います.

受験生はオープンキャンパスに行くことを時間の無駄と考えず,ぜひ見学に行ってほしいところです.自分がのちに過ごす環境はあらかじめ知っておくことで色々と前もって準備ができることがあると思います.

ということでオープンキャンパスにあまり行かなかった者による記事でした.

それでは〜 

 

関連記事 

【大学生活】情報系の理系大学生が必要なもの・持ち歩いているものについて

大学生が長距離通学中に電車やバス内で暇つぶしにやっていることまとめ7選!

【コスパ良い】金がなくても楽しめる大学生の趣味をまとめ!【7選】

【雑記】ある理系学生の大学一年の成績が発表されていた件